ご利用例

ご利用例

ご利用例

部屋を広くするマイストレージ(My storage)活用術

段ボール箱ひとつから倉庫に荷物を預けられる収納サービス、『マイストレージ(My storage)』
ここでは、マイストレージ(My storage)に預けるものとしておすすめのアイテムを紹介していきます。 家の中にたくさんあり場所をとる衣類のなかでも、シーズンオフの衣類や小物は預けるものとしておすすめ。 カビや虫食いなどの心配なく預けられ、自宅の収納スペースもすっきりします。

季節ものの衣服

収納で一番お悩みの多いものがお洋服類。
季節物のお洋服類をマイストレージ(My storage)に預けると
部屋を広く使えるだけでなく、
管理が楽チン!

季節ものの衣服

服は気づかないうちに増えているもの。

クローゼットにぎっしり服が入っていると、出し入れがしづらいので部屋の中に服を放置しがちです。ソファの上や椅子の背もたれなどに、服やバッグが出しっぱなしになっていませんか?

たたんだ洗濯物をしまうスペースがなく、いつも洗濯済みの服がどこかに積まれている……という状態になっていないでしょうか。ものが出しっぱなしになっていると部屋が散らかった印象になってしまい、落ち着いてくつろぐことができません。

また、服が多すぎると自分でもどんな服を持っているのか把握しきれなくなり、持っている服を利用できずにしまったままにしたり、持っているものと同じようなアイテムを買ってしまったりしがちです。衣替えのタイミングで、「そういえば、こんな服持っていたなあ」と思ったことがある人は、自分がどんな服を持っているのか、把握しきれていないといえるでしょう。

整理収納の観点から考えると、ものの量は収納スペースの7割から8割までにおさえておくのがおすすめといわれています。出し入れがしやすく、持っているものがぱっと見て把握できる量が、収納スペースの7割から8割なのだそうです。

人は出し入れに手間がかかって面倒だと思うと、ものを定位置に片付けるのがおっくうになってしまいます。その結果、脱いだら脱ぎっぱなし、洗濯しても収納スペースにしまわない、といったことになり、部屋が散らかってしまうのです。

「自分は部屋の片付けが苦手だ」と自覚している人ほど、「ものの量は収納スペースの7割から8割におさえる」ことを意識するとよいでしょう。

収納中の品質管理ってたいへんです!

季節ものの衣服

クローゼットが一杯の状態だと服をむりやり詰め込む形になってしまうため、服にしわがついてしまいます。

朝、今日はこのシャツを着よう!と取り出したらシャツに変なしわがついていて、 出かける前の時間がないタイミングであわててアイロンをかけた、という経験をした人もいるのではないでしょうか。

さらに心配なのが、カビや虫食いです。クローゼットに服を詰め込んでいると通気性が悪くなってしまうため、湿気がこもり、カビが生えるなどのトラブルが起こることがあります。 しばらく着ていないコートや、しまいこんでいた革のバッグなどにカビが生えてしまうとショックが大きいですよね。

ひとつカビが生えたアイテムがあると、そのカビの菌が他の服やバッグにも付着し、連鎖的にカビが生えてしまうこともあります。

湿気の多い日本では、特に梅雨から夏の時期はカビが生えないよう注意が必要です。カビを防ぐには時々クローゼットから取り出して服に風を通したり、 除湿機を使ったり、
クローゼットで除湿剤を使ったりするといった方法がありますが、家の換気状況や気密性によっても環境が異なるため、 これらの方法で絶対にカビが生えないと言い切ることはできません。
また、ウールやシルクなどの素材は虫食いにも注意が必要です。

大切なものだから大事にクローゼットにしまっていたはずなのに、使えなくなってしまった……。ということは避けたいものですよね。

MyStorageなら、空調管理された倉庫で大切な服を保管してもらえる

季節ものの衣服

限りある収納スペースを有効に使い、大切な服を安心な環境で保管しておくためには、収納サービスを活用することをおすすめします。

マイストレージ(My storage)は段ボール箱ひとつから、荷物を倉庫に預けられるサービスです。

マイストレージ(My storage)の特徴でもある、24時間365日きっちりと空調管理された倉庫で、カビや虫食いの心配なく荷物を預けておくことができます。

よく預けられている衣服類ってなに?

季節ものの衣服

収納サービス マイストレージ(My storage) に服を預けるなら、シーズンオフの服や小物、たまにしか着ない服を預けておくのがおすすめです。

秋冬ものなら、以下のような服や小物を預けてみてはいかがでしょうか。

コート、ダウンジャケット、ジャケット、セーター、スウェット、防寒用の肌着、冬ものの厚手のボトムス、ブーツ、スキーウェア、雪用の靴、帽子、マフラー、ストール、手袋、ファーやボアのバッグ など季節ものの衣服 コートやジャケットなどのかさばるものを預けると、クローゼットが一気にすっきりします。

何を預けようか迷う場合には、まずこうした上着類を預けるのがおすすめです。

厚手のセーターやスキーウェア、ブーツなども、春夏は使うことがなく、収納しておくにも場所をとるものなので マイストレージ(My storage) に預ける服や小物としておすすめです。

T シャツなどの夏の衣類は一枚一枚はそれほど場所をとりません。ただ、結構たくさんの枚数を持っているから意外と収納の場所をとる。というパターンは多いのではないでしょうか。

また、浴衣や帯、下駄、水着、サンダルなどの夏の限られた機会にしか身につけないものも、普段は マイストレージ(My storage) に預けておいて必要な時に取り出すようにすると、自宅の収納スペースを有効に使うことができます。

そのほかにも、着物やパーティードレスなど着る機会が極端に少ない服も、マイストレージ(My storage) に預けておけば、自宅で場所をとりません。あわせるバッグや靴などもセットにして預けておけば、必要になったときに一度に手元に揃うので管理が楽になります。

服や小物をマイストレージ(My storage)に預けたら……。暮らしはどう変わる?

季節ものの衣服

シーズンオフの服や小物、めったに着る機会のない服などを マイストレージ(My storage) に預ければ、クローゼットやたんすなど、衣類を収納しておくスペースに余裕が生まれます。

ものを管理しやすくなるといわれている法則、
「ものの量は収納スペースの7割から8割」を達成することができれば、収納スペースはすっきり。

ハンガーに掛けている服を取り出すときも、まわりの服が一緒に引き出されてきてしまったり、服のボタンや袖などが絡んで服が取り出しにくかったりといったことがなくなります。

服と服の間に適度な空間があるようなゆとりある収納をすれば、風通しがよくなり、カビなどの心配が減ります。

服同士で圧迫しあうこともないので、しわくちゃになってしまうことも避けられるでしょう。アイロンをかけてからしまっておけば、着たいときにさっと取り出して着ることができます。

スペースに余裕を持って服を収納できると、自分がどのような服を持っているかがぱっと見てわかるので、同じような服を買ってしまうといった無駄買いを減らすこともできます。
また、手持ちの服を把握することで、新しいコーディネートを思いつくきっかけにもなります。

「買っても買っても着る服がない」と悩む人は少なくありませんが、手持ちの服をしっかり把握して、着こなしを工夫すれば、新しく服を買わなくても今ある服で十分におしゃれが楽しめるかもしれません。お金の節約になるだけでなく、服を長く大切に着るというエコの観点からも有意義ですよね。

春夏ものと秋冬ものの服を衣替えのタイミングで預け替えるのは、おすすめの方法です。持っている服すべてを自宅のクローゼットで保管していたときの半分のスペースで、服を管理することができます。

空いたスペースは服の見やすさ、しまいやすさを重視してゆったりと服を収納してもいいですし、部屋のなかに出しっぱなしになっていた本や雑貨、家電など、別のものを収納して、部屋をすっきりさせることもできます。

マイストレージ(My storage) のスモールサイズの段ボール箱は、
月額保管料が220円(税込)なので、
一年間の保管料は2,640円。
仮に5箱預けたとすると、
一年間の保管料は13,200円です。

収納スペースが足りないから、と新しい家に引っ越す手間や、引っ越し費用、新しい家の家賃などを考えると、 マイストレージ(My storage)に服を預けて管理するのはとてもお得でスマートな方法だといえますね。

部屋を広〜く使えるマイストレージ(My storage)活用術

季節ものの衣服

マイストレージ(My storage) は空調管理された倉庫で荷物を保管するので、カビや虫食い、においの心配なく、安心して大切な服や小物を預けることができます。使わない服や小物を預けておけば、自宅のクローゼットはいつもすっきり。 部屋が服で散らかることもなく、気持ちよく過ごせます。1箱220円(税込)から預けられる マイストレージ(My storage) を利用して、おうちをもっと快適にしていきませんか?

書籍・漫画

絶対に家に置いておきたい”1軍”の本棚を残してあとはマイストレージ(My storage)に保管する。

書籍・漫画

本やマンガなどで一部屋がつぶれてしまっている!なんて言う方は意外と多いのかもしれません。

大切な本を手放したくはないのだけれども、この大量の書籍がなければ子供部屋が確保できる。リモートワークの専用部屋が...
もっと家を広く使えるのに?

例えば都内の3LDKのマンションにお住まいで、そのうちの一番小さな部屋を書籍類、趣味のアイテムが占領していたとします。その月額コストって数万円はかかっていますよね。

引っ越しを考える前に新しい マイストレージ(My storage) の活用を考えてみませんか?

滅多には見ないんだけど、かもしれないから手元に置いておきたい。でもどう考えても不効率と迷う方は多いのではないでしょうか? マイストレージ(My storage) であればいつでも最短翌日発送でお手元に返却されるので、整理面なども考えるとかえってトータルの使い勝手は良いのではないでしょうか?

絶対に家に置いておきたい”1軍”の本棚を残してあとは マイストレージ(My storage) に保管する。リモートワークや趣味の空間としてインテリアも工夫したら、今のお住まいも一段と素敵に感じるかもしれません。

マイストレージ(My storage) では、シーズンオフの衣類、季節家電や雑貨、趣味の用具・用品、本、CD、レコードなど、自宅にあるさまざまなものを専用のボックスに入れて預けることができます。

自宅にあるものを預けることで部屋や収納スペースに余裕が生まれます。クローゼットに余裕をもって服を収納できるようになったり、ものを預けることで部屋がすっきりと片付けられたりして、広々とした暮らしが実現します。

今の部屋が手狭になってきて、引っ越しを検討している方は、マイストレージ(My storage) を活用することで引っ越しをしなくても済むようになるかもしれません。

思い出・趣味

捨てられない!思い出の品なども大切にお預かりします。

思い出・趣味

思い出のつまった品、写真やアルバム類、子供の小さな頃の服などは毎度ためらい傷をつくりながらも捨てられないものですよね。

一体全て整理して1箇所にまとめたらどれぐらいの量があるのでしょうか?実は私もこの記事を書くにあたって実際に試してみました。

3LDKの一軒家子供二人。
整理する前はダンボール3箱分くらいだろうと思っておりましたが、子供の幼少期の衣類だけで3箱、 これでも大分知り合いにお譲りした記憶なのですが?

やっぱり捨てられない制服類。制服と学校指定のコート、 一緒に遊んだおもちゃ類・・・実際に集めてみると一部屋が半分埋まるほどの量がありました。
整理して全て棚に収納するとしたら確実に一部屋が占領されます。 当然ダンボール箱などに詰めて奥の方にしまってあるのですが、保管面積が結構な広さになっていて保管月額コストがどう考えても数万円となっていそうです。

マイストレージ(My storage) だとレギュラーサイズのダンボール箱を10箱預けても月額2,200円です!
2,200円の家賃アップで一部屋が広く使えたら!
さらに整理整頓もしやすい。

温湿度なども年間を通して完全に管理されているので、久しぶりに開けてみたらカビだらけになっていて泣く泣く捨てたなどと言うこともありません。

絶対に手元に置いておきたいもの以外、頻繁に手に取らないものは マイストレージ(My storage) に預けてみましょう!

ゲームの箱

ゲームの箱

昨今注目されているサブカルチャーですが
大事なアイテムってどんどん増えていきますよね。

コンテンツを応援する上で季節や大きなイベントごとに新しいアイテムが出てその度に購入…
たとえ小さなアイテムでも塵と積もれば山となるように保管場所に困って部屋がアイテムに埋もれてしまうようなことが発生しやすいように思います。
そうなってしまった場合、どうしても大事に保管しづらくなってしまいますよね。

好きだからこそたくさん持っておきたいし大事に保管したい、 手元に置いておきたいけどこのままだと整理せざるを得ない、 そんな状況に マイストレージ(My storage) はいかがでしょう?

マイストレージ(My storage) なら大事なアイテムもしっかり保管や管理もバッチリです。 大事にしていても保管場所がないために傷がついてしまったり、 保管環境が悪かったためにカビが生えたり錆びてしまったりして悲しい思いをすることもございません。

好きな時にいつでも取り出せるため 年に数回のタイミングで使うような限定アイテムもお手軽保管できちゃいます! 新しいアイテムを購入したり保管用に同じアイテムを複数購入したりして みるみる量が増えて保管場所に困った!なんてことも マイストレージ(My storage) ですっきり解決しましょう!

アウトドア

季節性のあるアウトドアグッズをスッキリ収納してみませんか?

アウトドア

アウトドア系の趣味は何種類ぐらいやられたことがあるでしょうか?いくつもやっていて収納に収まりきらない方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
アウトドアと言っても大きく分けて夏冬がありますよね。マイストレージ(My storage) を利用して季節性のあるグッズを上手に低コストでスッキリ収納してみませんか?

一つの趣味で考えると季節性はあるものの預けてしまう程でもないな?と思いませんか? メインの趣味があって他にも複数楽しまれている方などは冬には使わないアイテムが段ボール数箱はすぐにいってしまいますよね。
冬用の寝袋と断熱材類、ストーブ、スキーの衣類、靴、プロテクターなど”冬アウトドア”はすぐにダンボール箱3〜5箱くらいになるのではないでしょうか?

預ける時にはアウトドア用品は特にきれいに手入れしておくことも大事です。汚れが残っているままだと新品時の性能が発揮されない製品も多くあります。 割れ物類などは別にクッション材で包んでおくのも良いでしょう。いつかやろうと思って次のシーズンまでそのままにしておくと使えなくなってしまうこともあります。 預ける機会にメンテナンスも十分にしておくと趣味も一層楽しくなりますよ!

最短翌日出荷でいつでも取り出せる マイストレージ(My storage) であれば段ボール箱の月額保管料が1箱220円〜(税込)で可能になります! アウトドアの趣味はとても楽しいものですが家は広い空間ですごしたいですよね。